OSを更新したらiPadの機能制限の場所がこっそり変わっていた件

スマホ

どうも、クドーです。

僕は自宅にいるときはiPadを使っているのですが、意図的にかけている機能制限の設定内容を変更しようと思ったら項目が無くなっていたんです…

もしや廃止されてしまったのかと思って、いろいろ項目見ていると、知らない間に機能制限の位置が変わっていたので記事にしてみました。

機能制限の項目の場所 簡易版

 ※下記はiPhone、iPad共に同じ場所を指します。

iOS12以下の方は変わらず

設定→一般→機能制限だと思います。

今回のぼくのケースだとiOS12.2なので

iOS12以降は

設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限

というところに変更されていました。

そもそも名称が大幅に変わっていたので気づくのが遅れてしまいました…

万が一わからない人のために以下に画像も載せておきます(iOS12以上向け)

iOS12Ver 機能制限の項目の場所 画像付き

1.設定を開く

2.左のメニューからスクリーンタイムをタップし、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ

3.あとは目的の項目を開くだけ

機能制限で一体何ができるかというと、

  • 位置情報サービスを無効にすると、GPSをキャッチしなくなるのでバッテリーの節約ができる
  • 許可されたAPP及びコンテンツ制限で、見られたくないアプリなどを非表示できる
  • 家族や友人に渡す時、パスワードやアカウントを勝手に変えられないようにできる

この辺りが一番使う機能制限かなーと思います。

また、iOSの更新内容はアップルの公式サイトで確認できます。

iOS 12 のアップデートについて – Apple サポート

まとめ

機能制限の位置

設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限

いや、まさか名称そのものが変わってると思わなかったので見つけるのにめちゃくちゃ時間を使ってしまいましたね(笑)

もし僕のように機能制限の場所がわからなくなった方の助けになれば幸いです。